2022年秋発売新型iPad!Webライター必見のタブレットを比較紹介

NO IMAGE

Webライターに欠かせないのが、ノートパソコンやタブレット。

AppleのiPadシリーズは、ノートパソコンのように使うこともできます。軽くてスタイリッシュなことから、Webライターからも注目されているデバイスです。

この記事では、2022年秋に発売される新型iPadを比較し、メリットを紹介します。

スポンサーリンク

2022年秋発売の新型iPadの比較

2022年10月26日に発売されるiPadシリーズは2種類、さらに直近で発売されたiPad Air第5世代を含めると3種類です。

まずは、3つのiPadの機能やカラー、価格を比較してみました。

iPadのモデルiPad(第10世代)iPad Pro(第6世代)iPad Air(第5世代)
サイズ10.9インチ12.9インチ10.9インチ
カラーバリエーションシルバー・ピンク・ブルー・イエロースペースグレイ・シルバースペースグレイ・スターライト・ピンク・パープル・ブルー
チップセットA14M2M1
生体認証指紋認証顔認証指紋認証
価格(最安モデル)68,800円(税込)172,800円(税込)92,800円(税込)

参照:Apple「iPadのモデルを比較する」

iPadに搭載されているチップセットとは、パソコンでいうCPUのことです。CPUは簡単にいうと、コンピューターの機能に関わる重要な部分です。

Appleのチップセットは、数字が大きくなるほど性能がよくなります。上記のモデルでいうと、iPad AirのM1よりもiPad ProのM2のほうが性能はよく、優れているということです。

なお、iPadのA14はM1よりもCPU性能は劣っています。

新型iPadをWebライターが購入するメリット

ここでは、新型iPadをWebライターが購入するメリットを3つ紹介します。

メリット①パソコンのような感覚でサクサク書ける

Webライターが新型iPadで仕事するメリットは、なんといってもパソコンと同じようにサクサク書けること。

特にiPad AirとiPad Pro(第6世代)には、Mチップセットが搭載されています。実はこのチップセット、MacBookに搭載されているものと同じ性能があるのです。

高額なMacBookよりも安く、かつ性能は同程度とまるでパソコンのようなタブレットが新型iPadです。13インチを超えるMacBookよりも小さいので、持ち運んでカフェやコワーキングスペースでの仕事もしやすくなります。

メリット②クラウドを使えばパソコンとファイルを同期できる

すでにパソコンを持っているという人でも、新型iPadはおすすめ。なぜなら、クラウドで連携させると、パソコン内のファイルもiPadで開けるからです。

パソコン内のWordデータをiPadから執筆したり、iPadで作ったファイルをパソコンで開いたりすることもできます。

メリット③カラフルなカラーバリエーションで楽しく仕事ができる

新型iPad(第10世代)はカラーバリエーションが豊富。4つのカラーから、あなたの好みに合わせて選べます。

従来のiPadにはなかったビビッドカラーなので、楽しく仕事ができること間違いなしです。

まとめ

この記事では、新型iPadのモデル比較とWebライターがiPadを使うメリットについて紹介しました。

パソコンのような性能を持ち、ファイル共有でパソコンとの連携もばっちり。さらに、カラフルなカラーバリエーションで、仕事のモチベーションも上がります。

新型iPadは、パソコン感覚でタブレットを使ってライティングしたい人におすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥68,800(2022/12/06 20:04:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥116,799(2022/12/07 01:30:46時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を書いた人

もさこ
気分変調症+うつ病を発症しながら、フリーランスのライターとして活動。臨床検査技師資格やAFP/2級FP技能士の資格を活かした医療・金融記事が得意。
スポンサーリンク